協会案内

  • HOME »
  • 協会案内

設立趣旨

日本健康美容鍼灸協会設立趣意書

私たちが生活する東アジアには、長い歴史と高度に体系化された独自の理論を持つ固有の伝統医学が存在する。

東洋の伝統医学は、古代の中国に発祥し、3000年とされる歴史のなかで、世界の伝統医学のなかでも最も高度な特有の診断治療システムを確立し、「鍼灸」「按摩」「漢方薬」「薬膳」「気功」などの様々な治療手段を生み出し、今日まで、その豊富な治療経験を蓄積してきた。

外科的手術や化学薬物の投与を主要な治療手段とする西洋の現代医学に対して、これらの東洋の伝統医学の治療法は、いずれも、複雑な医療機器や化学薬物に依存することのない自然療法であり、人体と地球環境に対して極めて健全で安全な治療法であるということが大きな特徴であり利点ある。また、比較的に低コストで身近で手軽に実践できる利便性もある。さらに、「病気を治す」ことよりも「病気にならない」ことが重視されているということも、西洋の現代医学と大きく異なる東洋の伝統医学の特徴である。病気にかからずに健康な生活を送るための「疾病予防」「健康増進」という分野に対して、西洋の現代医学には具体的な思想や方法がおおよそ存在しない。

一方、東洋の伝統医学には、「養生思想」という健康で長生きをするための考え方が存在し、そのための実践的な方法として、様々な「養生法」と呼ばれる健康法が発展し実践されてきた。そのため、西洋の現代医学の医療に対して、人体への副作用の危険性や医療費の増大に対する懸念が高まるなか、東洋の伝統医学は、西洋の現代医学を補完・代替する医療(CAM:complementary and alternative medicine)として、世界中から高い注目を集め、日本国内においても、再びその真価が認められるようになった。

私たちは、このような東洋の伝統医学の主要な治療法のひとつである「鍼灸」を専門業務とし、鍼灸を通じて、健康と美の維持・増進・回復、疾病予防、医療費の削減、日本国内外における医療の健全化に寄与する成果を実現することを目標に掲げ、日本健康美容鍼灸協会を設立する。

日本健康美容鍼灸協会が遂行する事業は、専門家および一般利用者に対する鍼灸と東洋の伝統医学に関する教育普及活動、情報発信、国内外の関連団体・機関との情報交流・人的交流であり、これらの活動を通じて、健康と疾病に対する特有の思想、高度に体系化された診断治療システム、養生法、治療手段などを持つ東洋の伝統医学の存在意義と役割に対する認知を高めることで、医療、健康、美容の領域において、西洋の現代学にはない、あるいは不得意とする部分を補い、現代社会における人々の健康と美の維持・増進・回復、および疾病予防に貢献したい。

ご挨拶

役員紹介

Copyright © 健康美容鍼灸協会 All Rights Reserved.